「反応しない練習」の読後記録

「変えられることは変える努力をしましょう。変えられないことはそのまま受け入れましょう。起こったことを嘆いているより、これから何ができるか一緒に考えましょう。こんにちは加藤諦三です。」

ラジオ人生相談お決まりの最初の語りです。


私は小学生の時に手塚治虫の「ブッダ」を読んで以来ずっと疑問に思っていたことがあります。

ブッダは昔の天才哲学者であって、宗教団体を作ろうと思っていたわけではないのではないか。ブッダは戒名の文字にランクを付けてランクごとに値段を設定するような葬儀を想像しただろうか。という疑問です。

内容が内容なのでこの質問を仏教関係者にしたことはありません。


「反応しない練習」~あらゆる悩みが消えていくブッダの超・合理的な「考え方」~の著者は、「ブッダの教えとは正しい理解によって、人間の苦悩から自由になる考え方」であり、「これは宗教ではありません。」と言っています。これにはしびれました。


以下この本の要点をまとめます。


よりよく(ストレスフリーに)生きていくためには世界を正しく「理解」する必要がある。

「理解する」ということは「あるものをあると認める」ことである。

理解は良いとか悪いとか「判断」することではない。

生きていくうえで悩みは尽きないが、まず悩みがあると「理解する」必要がある。

そして以下の順に考える。

①生きることには苦しみ・悩みがともなう。

②苦しみには原因がある。

③(原因がある以上)苦しみは取り除くことができる。

④苦しみを取り除く方法がある

苦しみは物事に対する心の反応がもとになっている。

反応する理由は求める心があるからである。

求める心には、①生存欲②睡眠欲③食欲④性欲⑤怠惰欲⑥歓楽欲⑦承認欲がある。

特に⑦承認欲(人から認められたい欲求)は取り扱いが難しい。