このところ仕事が楽しくて仕方がないのです

4月は多くの予定が延期・キャンセルになって収入が減ったにも関わらず。

このところ仕事が楽しくて仕方がないのです。


対面でクライアントと会う時間と移動時間が減った分、相手の喜ぶ顔を想像する時間が増えました。

あそこはこんなやり方が有効だから提案してみようとか、こんな資料が必要だろうとか考えて、その提案を受け取った時のクライアントの喜ぶ顔を想像したら、作業がワクワクします。

これこそ仕事の醍醐味でしょう。

なのでこの連休中ずっと資料作成とオンラインミーティングで仕事漬けです。

ここ数年スケジュールに追われる感覚が強くて、このワクワクする感覚を忘れかけていました。


商売は中長期的にみると顧客や社会に貢献した分が粗利益(売上-原価)として得られるはずです。

ビジネスに関わる人は、経営者であろうが会社員であろうが相手に貢献した結果として対価を得ようと考えなければなりません。

経営者や事業者であれば、どうやって今の顧客やこれから顧客にしたい人に貢献するか。

会社員であればどうやって雇用主に貢献するか。

もしも、「うちの社長や上司のためには働きたくない」と思うなら会社を移った方が良いでしょう。

ただし会社員の場合、上司は嫌いだけど会社のビジョンには共感できるし、顧客に貢献することで会社に利益をもたらせる、という場合は残る選択もあります。

ただ、それさえも感じられなければその会社に残ることは不幸でしょう。

自分のやりたいことを実現したければ、自分で事業を始めることもできます。

自衛隊や公共性の高い組織に入って、特定の会社や社長のためでなく国のために働くこともできます。

いづれにしても、対価を払ってくれる人のために自分の力でどこまで貢献できるかを精一杯考えていこう。

相手の喜ぶ顔が想像できるくらい考える。

そうすれば何とか生きていけるくらい稼げるのではないだろうか。


巨額な固定費を払い続ける企業などのことではなく、個人としての生き方の話です。


この時に気をつけないといけないのは、自分が相手の喜ぶ顔を期待し