根性論無しで実行力をつける方法

最終更新: 2月21日


個人と組織の両方の観点でもっと楽に安定して実行力をあげる方法がないか、ここ2ヶ月ほど考えてきました。

僕自身の達成力を向上させたいのと、支援先の組織において計画を実行する力をつけたいと思っているからです。

いろいろな本を読んで自分自身や支援先企業で実行してみて、今の所自分にとって最高の方法を10のポイントにまとめてみました。

やろうと思ったことになかなか手が付かない、経営理念や経営計画は作ったけど実行が伴わない、といった思いを持つ方は多いと思います。 理想の自分に向かって努力しようとする自分と楽してサボりたい自分、革新が必要とされているのに現状を維持しようとする組織、といった内なる対立はそこらじゅうで見かけます。

根性と気合を入れると、その瞬間は出来るのですが、なかなか続きません。

そもそも、何かを達成しようと思っている人は心が燃えている状態です。でもなかなかうまく行かない。そんな人にもっと根性と気合を入れると火力が強くなり過ぎて灰になってしまいかもしれません。あしたのジョーのように。あしたのジョー知らない人はすみません。

そこで、習慣化が解決策になります。

お風呂に入るのが普通、入らないと気持ちが悪い。ということになれば努力している感覚無しでお風呂に入ることが出来るのです。

しかし、習慣化するには具体的な方法が必要です。

僕なりの10の方法をまとめましたので、参考にしていただき、ご意見もいただきたいです。 10個それぞれの方法にエビデンスはあったような、なかったような、探す気もないような気がします。

1.自分の好き嫌いに正直になる

 他人が作った「良い悪い」とか「勝ち組負け組」と言う概念でなく、シンプルに自分の好き嫌い、自分にとってのカッコいい悪いに従って生きる。

 そうすると努力することは苦痛でなく快楽になる。